Chie袋トップsp用

認知症の母が行方不明!捜索願いを出して探しまわった話@東京

母が行方不明
母が行方不明

こんにちは。ちえです。

前回の投稿では、認知症行方不明者の捜索アプリのお話を書きましたが、
認知症高齢者が行方不明になってしまうのは、人ごとではありません。

実は、15年前、私の母も東京で行方不明になった事件がありました。
当時住んでいた私のマンション(東京荒川区)から、突然いなくなってしまったのです。

今回はその時のことを書きたいと思います。

田舎から出て来た認知症の母が、東京で行方不明になったのはなぜか?

その当時は、母の認知症もそれほど重くなくて、
毎年、ツツジが美しい季節になると、田舎から両親を呼び寄せて、温泉旅行に連れていっていました。

東京に来たついでに、
「旅行したり、巣鴨で買い物したりして、一ヶ月ほど滞在する」ということをやっていたのですが、
母がいなくなったのは、その間の出来事です。

その日は、私が仕事に出かけていて、父と母、2人で留守番をしていたのですが、父がトイレに入っている間に、
母が姿を消してしまいました。

爽やかな5月の昼下がり、14時ごろのことです。真昼間の東京で、認知症の母が行方不明になってしまいました。

父が、すぐに付近を探したようですが、なにせ、慣れない東京。

見知らぬ土地で、探せるはずもありません。
興奮した声で、仕事中の私の携帯に電話してきました。
連絡を受けて、頭の中は真っ白です。

交番に行方不明の届け出をしてから6時間。住民の通報で発見されました!

携帯を握りしめたまま、職場を早退した私は、大慌てでマンションに帰り、自転車に乗って近所を走りまわりました。
まずは、駅前の交番に、迷子の届け出。

どうしよう・・・。どうしよう・・・。どうすればいいんだろう?
母に何かあったらどうしよう・・・。

母がいなくなってから、既に5時間が経過し、付近はだんだん暗くなってきました。

途方にくれた20時過ぎ、交番から「それらしい人が見つかりました」と電話が。

母が見つかったのは、自宅から500メートルほど離れた、見知らぬアパートの前です。
そこに住む、若い女性からの通報でした。
その女性によると、トントン、トントン、とドアを叩く音がするので、開けてみると、
上品なおばあちゃんが、ニコニコ笑って立っています。

用件を聞いても、うまく答えることができません。
おかしいなと思いつつドアを閉めて、しばらくすると、また、トントン、トントンとノックの音。

窓からそっと覗くと、
ドアの前を行ったり来たり、ずっーとうろうろ歩いていたそうです。
「これは、様子がおかしい」と、不審に思ったその女性が警察に通報してくれたのです。
交番に迎えに行くと、母は、おまわりさんの横に、ちょこんと座っていました。

駆けつけた私と父を交互に見比べ、母は、ほっとしたように、ニッコリと笑いました。

見つかってよかった!神様に心から感謝しました!!

交番では、ごく簡単な説明と、身元引受けのサインをして、母の手をひいて交番を出ました。

「お母さん、疲れたでしょう? お腹もすいたね。おうちに帰ろう・・・。」

マンションまでは、歩いてもたった3分の距離なのに、なぜか、パトカーで送ってくれました。

「ぼくも、田舎が遠いんです。これからも、なにかあったらご連絡ください。」とおまわりさんは言いました。

私は、ずっと涙をこらえました。私が泣いたら、母が不安がるだろうと思ったからです。

母が見つかってよかった!
無事にかえってきてくれてよかった!
母の笑顔が見れてよかった!

知らない街を歩きながら、どんなに心細かったのだろうと思うと、胸が張り裂けそうで、
安堵感とせつなさで、うっかり号泣してしまいそうでした。

母は、なんとなくドア開けて、マンションの外に出てしまったのだと思います。
きっと、お散歩でも、するつもりで。
美しいツツジの花が咲く春の季節の出来事です。
歩いているうちに、どこにいるかわからなくなったんだと思います。

おまわりさんの話によると、母が見つかったマンションは、どことなく、
私のマンションの玄関にそっくりだったそうです。
トントン、トントンと、ノックしていたのは、きっと、私の部屋だと思い込んでいたのですね。

ツツジが咲くの季節がくると、いつも、母をさがして自転車で走りまわったことを思い出します。
都電荒川線沿いの、色鮮やかに咲く満開のツツジ。
再会したときの、母のホッとした笑顔も。父の慌てふためいた様子も、あのツツジの風景とともに、
今も鮮やかによみがえります。

母が無事に帰ってきてくれた事は、神様に感謝するしかありません。
それと同時に、今この瞬間にも、ご家族のもとに帰れないでいる高齢者がいると思うと、胸が痛みます。

行方不明の高齢者が、ご家族の元に帰れますように。

前回の投稿でも書いたとおり、認知症の行方不明者は、1万5000人で過去最多だそうです。
母が行方不明になった15年前と違い、今はITによる見守り機器も普及しています。
でも、15年前のあの日、母のことを交番に知らせてくれたのは、近くに住む、若い女性でした。

どんなにITが発達しても、地域の目、人の暖かさのチカラというのは、かけがえのないものなのだと思います。

機械+地域の見守り。

認知症の行方不明高齢者を救うシステムが、もっともっと世の中にたくさん増えて、
はぐれてしまった高齢者が大切な家族のもとに戻りますように。。。

そう願う、今日でした。

==============
離れて暮らす家族を全力応援!
遠距離介護のケアミーツ@横浜
http://care-meets.com
==============

母が行方不明

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です