「遠距離介護は介護ではない!」えっ?(・_・; 叔母に言われて傷ついた話

動揺
動揺

皆さんは、遠距離介護が周囲に理解してもらえずに、
傷ついた経験はありませんか?

今回は、私の遠距離介護が、
まさに”どん底、崖っぷち”だった頃の、
思い出話を書きたいと思います。

 

ワガママ勝手で頑固な父に振り回されて、
ココロも身体もクタクタに疲れ、
自分の人生をかけたギリギリの瀬戸際。
遠距離介護の泥沼に溺れ掛けていた時、

叔母に言われた言葉で、
さらに傷ついてしまいました。

その日は、叔母に電話をかけ、近況報告をしていました。
定期的に電話をすることで、
親戚関係を円滑にしておきたいという、
半ば義務のような電話です。

そして、
「いざという時には少しは助けてもらえるのかなぁ?」いう、
叔母への期待もあったのかもしれません。

その日は、近況報告の後に、
おもわず愚痴をこぼしてしまいました。

私にしてみれば、ただ現状を聞いてもらい、
「大変だね」と共感してもらいたかっただけ。

だけど、
受話器から返ってきた言葉は、

「アンタねー。
何を大変なんて甘いコト言ってんのよ!
たまに帰って、二、三日いるだけでしょうよ!
介護っていうのはね、
毎日オムツを替えたりご飯を食べさせたりする事を言うのよ。
あんたが毎日オムツ替えてるわけじゃないでしょうが!
たまに帰省して、親の顔見て、あとはたまに電話するくらいでしょうが!
そんなのを(遠距離介護を)、介護とは言わないのよ!」

でした。

思わず絶句。

(遠距離介護は介護ではない・・・そんなふうに思わているのか・・・・)

思わぬ返り討ちにあい、動揺しながらも、

「うん、そうだよね。そうだよね・・・・」

と、私。

(やっぱり愚痴なんて言うんじゃなかった・・・)

 

そこからは、

「そんなに大変なら、島に帰ればいいじゃない!
看護師なんだし、仕事はあるでしょうよ。
家だったあるんだし。アンタ独身なんだし。
なんで帰ってこないのよ!」

「Uターンするべき!!」

の猛烈アタックにあいました。

返したのは、
『うん・・・。Uターンはちょっと難しいかな・・・』
と、だけ。

 

その他はもちろん、無抵抗。
反論はしません。

 

反論すると、余計に厄介だし、
今だって、現状で手一杯なのに、
叔母との喧嘩のために、無駄なエネルギーなんて、
イチミリたりとも使いたくなかったのです。

ここで反論して
「生意気な姪」になれば、
さらに窮地に陥る事になってしまします。

 

遠距離介護のゴールテープを切るには、
親戚の中で孤立するわけにはいかないのです。

 

怒りと悲しみを抑えて、
とりあえず、平静をよそおい、

「いつもいろいろ心配してくれて、ありがとう」

話に区切りをつけました。

 

電話はその後も延々1時間続き、
叔母の自慢話をひたすらきくハメに・・・・。

その昔、叔母が姑の在宅介護をやり遂げた話と、
今現在のリア充でハッピーな自慢話です。

ガマン、ガマン、忍耐、忍耐・・・。

「うん、うん、そうなんだー。すごいねー。楽しそうだねー。」

ひたすら叔母の自慢話が終わるのを待ちます。

 

愚痴なんていうんじゃなかった・・・・。

無駄な時間を消耗してしまった・・・・。

 

それ以降は、
叔母に現状報告の電話はするけれど、
ココロの中身は一切言わなくなりました。

 

もちろん、親戚もいろいろで、
実親のように心から慕う叔父や叔母もいます。

でも、
たまに、こんな目にあうと、
非常に傷ついて、孤独な気持ちになってしまうのです。

 

「どうせ、わかってもらえない。」
「誰も助けてくれない」
と、マイナスイメージを強めてしますます。

 

この叔母だって、
おそらく、自分は正しいと思っていて、

「姪のために正しい事を言ってやった!
私が諭してやらねば!」

と思っていたのかもしれませんね。

おそらく、悪気はないのです。

 

この叔母を含め、
”遠距離介護を抱える息子娘の悩みが社会に理解されにくい”
そのことが問題なのです。

”親孝行”の美徳に比べたら、息子娘の人生なんて価値がないのでしょうか?
親の年代の一部の人には、今もそうなのかもしれまん。

 

一方、職場ではどうか。

介護休業を申し出た時、
上司の反応は、こんな感じでした。

「介護保険で解決するんじゃないの?」
「さっさと施設に入れちゃえよ」
「で、いったい、いつ戻ってこれるの?」


もちろん、全部事実です!(笑)
言葉もそのまんま(笑)

(介護休業の話はまた別の機会に書こうと思います)

あの日からもう10年近く経ちますが、
遠距離介護を抱える息子娘の抱える悩みが、
社会に理解されにくい現状は、
ちっとも変わってないように思います。

 

でも、大丈夫!!

それならそれで、仕方がない。

マイナスに引きずられていては前に進めません。

私は、こうやって、前に進みました。

 

・気持ちを理解してくれそうな場所に聴いてもらい
(親友たちよ!ありがとう!o(^▽^)o)

お願いできそうな場所を探して、お願いできそうなコトだけをお願いする。
お願いできそうなコトだけってとこが特に大事!)

遠距離介護だって立派な介護だ!絶対にくじけない!
と自分のココロに宣言する!!

です。

理解のない周囲の言葉には、そりゃあ傷つきます。
でも、傷ついてる暇はないのです。

だって、ゴールはまだ先にあるのですから!

大丈夫!なんとかなります!

 

遠距離介護のケアミーツ Chie

 

ケアミーツ誕生秘話

今はココにいます。
ご自身の大切な未来の為に、一緒に頑張りましょう!o(^▽^)o

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動揺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です