「がんばりすぎずにしれっと認知症介護(工藤広伸さんの新刊)」の刊行記念トーク&サイン会に行ってきました!

しれっと認知症介護画像
しれっと認知症介護画像

介護作家、工藤広伸さんの3冊目のご著書、
「がんばりすぎずにしれっと認知症介護」の
刊行記念&トークショーに参加させていただきました。

工藤さん(くどひろさん)は、
岩手に住む認知症のお母さんを遠距離介護されている、
介護作家さんで、
運営されているブログ「40歳から遠距離介護」が大人気です。

私も、工藤さんのブログの大ファンo(^▽^)o

工藤さんのブログは具体的でわかりやすくて、
なにより、等身大で飾らない視点に親近感がわきます。

専門家先生が書く教科書では絶対に知ることができない、
家族目線での介護のヒントがいっぱい。
認知症介護や遠距離介護をされている方に大人気なのがよくわかります。

そんな工藤さんの3冊目のご著書の発売されました!

私も、発売前からすごく楽しみにしていました。

トークショーの当日は、
紀伊國屋本店で本を買い、
予約しておいた参加券をもらって8階の会場へ。

平日の昼間にもかかわらず、トークショーは、満席でした。
さすが、工藤さん!大人気ですo(^▽^)o

ご本人の軽快なトークと、
ブログでは公開されていないお写真に
笑いあり、共感あり!!

めっちゃ、楽しかったぁ!!o(^▽^)o
トークショーのあいだ中、会場は大盛り上がりでした。

実際の工藤さんの笑顔がまた、最高なんですよ*・゜゚・*:.。..。.:*・’(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*
ブログだけではなく、ご本人に会うと、
みんな大好きになると思います。

私も、一緒に記念撮影していただきました。

普段、お顔を公開されてないので
ここでの公開は控えますが、
ブログの根底にながれる優しい空気感。
その理由が、
ご本人にお会いすると”なるほど”と納得できます!!

さて、
ご本の中身ですが、
これがまた、最高!
読んでいるだけで、やわらかくココロを温めてくれるんです。

お祖母様、お母様、お父様、
この3人の介護で経験されたエピソードが、
一つ一つ語られています。

読みはじめたら止まらなくなって、
一気に最後まで読み終えてしましました。

読み手の呼吸に合わせてくれるかのように易しく書かれているので、
とても読みやすいのです。

そして、
読み終わった時には、
今は天国で暮らしている父と母に、
たまらなく会いたくなりました。

故郷に親を残して東京に戻るときの切ない気持ち、
料理上手だった母が料理を忘れていく哀しさ
生きてくれているだけでありがたいと今に感謝する気持ち
認知症の症状にイライラと反省を繰り返しながら受容していったこと
暮らしの中に喜びもあったこと
親孝行したい気持ちと未来への不安に揺れ動く自分の気持ち

すべて、
家族だからわかること、
家族だから悩むこと、
家族だから喜べること、
家族だから愛しいこと、
なんですよね。

そして、
工藤さんのメッセージは、
つねに前向きです。

一部を抜粋させていただくと、

母は認知症ですが、一人の人間です。
認知症だからといって過剰に意識する必要はないと思っていて、
何事もなかったかのように自然と母と生活ができれば理想です。

と語られています。

工藤さんのメッセージで、
根底にずっと流れているのは、家族の愛情です。

そして、
ご本の中には、
家族介護で今すぐに役にたつヒントがたくさん詰まっています。

家族にしかわからない視点で書かれた、
実際に役にたつ本はなかなかありません。

認知症介護の方も、遠距離介護の方も、
是非、手にとって欲しい一冊です。

そして、
医療介護現場で働くスタッフの方たちにも、
是非読んでほしいです!!

私は看護師ですが、
自分が病院で働いていた時のことを思い出してみると、
目の前の作業に忙殺されてしまい、
ご自宅での患者さんの「暮らし」を想像する余裕がありませんでした。

「病気をみて、本人(人間)を見ない」
とよく言われるのは、
医者だけではなく、看護師や他のスタッフも同じかもしれません。
(もちろん、素晴らしい医師も看護師もいます!)

「3分診療」が終わって、
「お大事にどうぞ!」と笑顔で送りだした廊下には、
次の患者さんがたくさん並んでいるからです。

自分が介護家族の立場になって学んだのは、
病気が治ることが大事ではなく、
今日を幸せに生きることが大事であり、
その幸せ(笑顔)を少しでも増やすために治療があるのだということです。

この本は、
病院から帰ったあとの患者さんが、
普段の暮らしの中でどんな風に過ごされているのか、
ご家族がどんな気持ちで関わっているのか、
リアルなご家族の様子に触れることができる、
貴重な一冊だと思います。

だから、医療現場で働くスタッフにも是非読んで欲しいのです。

もしもタイムスリップできるならば、
25年前の私に読ませてあげたいです。

25年前!!! そんなに前か・・(^◇^;)・・・笑

工藤広伸さんのブログはこちらです。
ブログページからご著書の購入もできます。
ページの下の方に、アマゾンのリンクがあります。

40歳からの遠距離介護

「がんばりすぎずにしれっと認知症介護」12/6発売&東京・盛岡で出版記念トークショーのお知らせ

認知症介護がほっこりとラクになる一冊です。

大丈夫!なんとかなりますよo(^▽^)o

Chie

遠距離介護のケアミーツ

しれっと認知症介護画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です