【遠距離介護】今更びっくり!?実家までの距離は1247㎞!!(*_*)

今まで、

調べた事がなかったのですが、
(距離が遠すぎて・・・もやは只の数字にしか思えなくて・・・・(^◇^;))

『私の、遠距離介護って、片道何㎞なんだろう?』

と、

iPhoneのグーグルマップで調べてみました。

横浜市⇆五島列島

そしたら。。。。。。

なんと!!

驚きの、

1247㎞!!

もちろん、片道です(^◇^;)

こうやって眺めると、
韓国の方がメチャ近いデスネ(^◇^;)

1247㎞ × 往復 = 2494 ㎞

ざっくり、
1年に4回帰省したすると、
2494㎞(往復) × 4回 = 9976 ㎞

約・・・1万㎞です!

1万㎞って、ピンときませんが・・・・。

日本から1万㎞離れている外国は、
マルセイユ(フランス)、シチリア島(イタリア)
などだそうです。
(ヤフー知恵袋さんより)

そもそも、
帰省が年4回を超える時もザラだったので、
1万キロを更に超えてるかな。。。。(^◇^;)

うーむ。
やっぱり、
私の場合は、
超が付く遠距離介護ですね。

で、

遠いと、遠いだけ高額になる、
交通費の話。

今日、突然呼び出されて帰郷するとしたら?
と想定して
調べてみました。

滞在日数は、2泊3日だとして

飛行機代(羽田→福岡 介護帰省割引利用)
26590円×2=53180円
フェリー代(福岡→五島)
6280円×2=12560円
レンタカー代
5000円×3=15000円

自宅から空港までの電車やバスや、
港までのタクシーも足すと、

合計で、

85000円!!
・・・・って感じでしょうか!( ̄O ̄)

しかも、
これが一番安くすむルート・・・。

さらには、
田舎ならではの、
「お土産代(菓子折り)」もかかります。

みんなに驚かれるけれど、
お土産代が、
大体いつも
15000円〜20000円くらい。

なので、

一度の帰省で、
最低でも、10万円オーバー

になってしまうわけです。

もちろん、
あらかじめ予定がたてられれば、
もっと安い航空券も使えるわけなのですが、

大抵は、
「肺炎で入院しました!」
などで、
急遽呼び出されるわけなので、
安いチケットはなかなか使えません( ; ; )

だからこそ、

航空会社の介護帰省割引には、
心より感謝!!
遠距離介護で飛行機を使うなら
必須アイテムですね!!

もちろん、
マイレージもフル活用!!
光熱費も日常の買い物も、
全てJALカードでお支払い(^◇^;)

立派な「陸マイラー」と化してました。

そこまでやっても、
働けど働けど、
財布の中身は、
交通費に消えていく悲しい現実。。。。

だけど。。。

帰省にかかる高額な出費よりも、

私が辛かったのは、
仕事に穴をあけて、
職場に迷惑をかけてしまう事でした。

介護離職、介護転職、介護休業・・・・。
長い遠距離介護生活では、
いろんな事があったなぁ・・・(^◇^;)

このお話は、
また別の機会に。。。ε-(´∀`; )

みなさまは、
帰省にかかる交通費を安くする工夫など、
どのようにされていますか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です